息子さんや娘さんを古いアパートが原因で困らせないために

相続 老人

古いアパートを売却されたい方の多くは相続を少なからず意識されている方が多いです。

息子さんや娘さんに「古いアパートを相続させたい」「アパートを売却して現金で相続したい」などさまざまなお悩みや考えがあると思います。

当社では古いアパートの売却だけが相続の手段だとは思っていません。

仮に売却だとしてもその後の息子さん、娘さんの中長期的に資産をどのように形成してあげるまでが相続活動だと思います。

当店ではアパート売却にとどまらず弁護士や税理士とともに相続チームを組んでおり売却までのスキームや相続税対策をどのように行っていければ大切な資産を守れるのかをお伝えさせて頂きます。

空室の多いアパートを相続後そのままにしておくと取り返しのつかないことに

アパートを相続し、空室はあるものの何となく運用しているという方はまずはご相談ください。

空室を埋める努力を不動産に頼ってよりそのまま埋まらず放置状態になっていると収益性の悪化だけではなく、陳腐化や余計な修繕費の圧迫などデメリットが増えます。

相続したアパートを売却するのがよいのか解体して売却したらよいのかの判断は当社にお任せください。

アパートオーナー様のご要望やメリットに一番沿う形式で対応をさせていただきます。

築年数が経っている古いアパートを相続したい。または相続した。

築年数が経っているアパートの相続は当社の最も得意な分野です。

当社であれば自信をもって売却またはリフォームなど最適なご提案をさせていただきます。

アパートなどの資産の相続人が複数人で相続が複雑な場合の経験も豊富です。

ご相談であれば無料でいつでも承っております。

まずはアパートの相続の思い切ってご相談ください。

お問い合わせ