20年から30年程度の古いアパートであれば、建物はそのままでも売却をすることは可能です。

20年から30年程度のアパートは各所に傷が目立ち始め、一見したときのアパートの印象が悪く感じられることも多いです。

特に木造建築のアパートの場合、20年程度築年数が経過すると建物各所の課題がでてきます。

新築でアパートを建てたときから各種設備を交換していないということも考えられ、屋根裏や軒下など目に見えにくい場所に欠陥が生じている可能性もあります。

これらは売却する前に修繕したほうがよいのかどうかはアパートの状況によりさまざまです。

そのため、売却するからまずは修繕できるところはすべて修繕してしまおうという独自判断は避け、まずはご相談ください。

売却先のオーナー候補の方がアパート経営に詳しい方であれば独自で判断しむしろ修繕しないほうが最終的に手元に残る金額が多くなるということも多々あります。

その他内装やエアコンなどの設備に関しても一緒です。

リフォームや交換する前にご相談いただければどのような形式で売却するのかが最もよいのか当社であれば判断できます。

築20年から30年の古いアパートであればまだまだ人は住めます。

築20年から30年程度経過した古いアパートであればまだまだ空室を埋めることもできます。

適正なリフォームとリノベーション、築年数を感じさせないような工夫をすることで入居率を上げることができます。

当社では、売却させていただくときに大掛かりなリフォーム前であればリフォーム後の可能性も考え仲介作業を進めたいと思います。

まだまだ住めるのであればアパートを売却せず運用したほうが得?

まだまだ築年数が20年から30年程度のアパートで入居者がありリフォームやリノベーションをすることで運用がまわるのであればこのままアパートを保有し続けたほうが得ではないかという考えもあります。

しかし、アパート経営はリスクがつきものです。

ご自身で建てられたアパートか相続されたアパートかはわかりませんが、アパート経営など不動産経営は得るときがあれば失うときもあるリスクがある運用です。

特に20年程度経過したアパートに関しては室内の傷や汚れが目立ち始め、目に見えにくい設備にも徐々にがたがきます。

リスクの増え方に関しては、築年数が長くなれば長くなるほど大きくなるため、入居者が埋まっているようであればより売却をしたほうが高値で売却が可能です。

また、物件自体はしっかり管理されており問題ないというオーナー様でも、いざアパートを売却するとに書面上は「築20年」や「築30年」などの書面表記は確実にされます。

きれいにしっかりと利用していても築年数が書面上で表記され買主の購入検討時の足切り確立があがってしまいます。

しかしながら、世の中には古いアパートを好んでリスクをとり独自のノウハウで運用をするオーナー様もいます。

そのようなオーナー様に物件を売却されるのが築20年から築30年程度の古いアパートオーナー様の出口戦略の一つだといえます。

当社では、リスクをとってアパート経営をしたいというお客様とのつながりが強い不動産会社です。

安心いただきご相談ください。

アパートの売却査定は大手や複数社問い合わせても時間がかかるだけ

アパートの売却査定をするときに一番もったいないのは「TVCMなどでおなじみの大手不動産会社に何も考えず問い合わせ」をすることです。

大手TVCMで流れているような不動産会社はアパート売却は特に慣れておらず、右から左に仲介業務を行っているパターンが多いです。

そのため、築年数がある程度経っている20年から30年経過したアパートのような場合、叩き売りで仲介してしまいたいというのが本音だと思います。

また、「複数社不動産会社から見積もりをとりましょう。」というホームページなどを鵜呑みにし、そのまま複数社見積もりをとってしまうパターンももったいないです。

これは完全に複数社問い合わせをしてください。というホームページ運営会社のポジショントークです。

このようなアパート売却を複数社見積もり依頼をかけられるサイト一見便利なように見えますが、問い合わせがあるとホームページ運営会社に不動産会社からお金が動くだけなので、なるべく複数社から問い合わせを得たいというポジショントークなのです。

実際複数の不動産会社から問い合わせがくるとオーナー様はかなり時間を取られます。

また、時間をとられるわりに一社に対し伝えたい情報は薄くなるため、時間がとられる割に結果としてよい不動産仲介ができないパターンが多いです。

やはり古いアパートの売却を検討されるのであれば当社のような古いアパートを得意としている不動産仲介業者に相談するのが一番確実です。

 

お問い合わせ