築30年から40年の古いアパート売却は当社の独自のネットワークを活かしてください。

一般的には築30年から40年経過した古いアパートは売却しにくいです。

アパートを解体し、売却するのが最適と不動産業者から提案を受けることも多々あると思います。

しかし、当社ではあえて仲介で売却ができるかもしれません。

当社の独自ネットワークで古いアパートを好んで購入するアパートオーナー様が多いのも事実です。

そのため、不動産業者に安値で売却するのであれば仲介で直接新しいオーナー様に買い取ってもらうという道を模索してからでも遅くないと思います。

解体し売却になると現在アパートに住まわれている入居人の方に立ち退きを行ってもらう必要もあり余計な費用が発生してしまいます。

入居者がいらっしゃるのであればより好条件でアパート売却も可能になります。

 

30年での古いアパートが一番難しいが可能性が高い

30年程度のアパートの売却というのが不動産業者からすると最も難しい分野の不動産売却案件です。

理由としては、築30年程度のアパートは一番築年数に対し資産価値が目減りしやすい時期だからです。

30年以上経過し、築40年、築50年と経ってくると資産価値は下がらないこともあり、下げ止まりする傾向があります。

そのため、築30年のアパートは築年数に対し売却しにくいことがあります。

ただし、このままアパート運用を続けると運用によるリスクが増え続けます。

 

売却はアパートを更地にして売却したほうがよいと他の不動産会社に言われるかもしれません。

しかし、更地にする前に一度当社にアパート売却のご相談をください。

更地にするよりもそのまま古いアパートを売却したほうが最終的にオーナー様のためになる事例も多数あります。

アパートを更地にしてしまってからでは元に戻すことはできません。

ご相談いただき結果として当社のような古いアパート売却のプロフェッショナルが更地にしたほうがよいということであればオーナー様判断で更地にしたほうがよいかと思います。

セカンドオピニオン的に当社を利用いただいて問題ございません。

ご相談であらば当然無料で承っておりますので、お気軽にまずはアパート売却のご相談をお待ちしております。

 

お問い合わせ