40年以上の古いアパートこそ当社で仲介で売却をさせてください。

一般的には解体し、更地で土地売却を行うのが通例です。

しかし、不動産業者に丸投げし、解体業務から売却まで行ってもらうのはリスクがあります。

不動産業者に直接買い取ってもらう場合、価格が安くなってしまい足元を見られてしまいます。

また、更地の土地売却の場合、売れないと固定資産税がかかるばかりか解体前に立ち退き料や時間が余計にかかります。

そのため、そのままの状態で当社にご相談いただければ直接買い取ることなく、不動産仲介で直接高値で新たしいアパートオーナー様候補に提案をさせていただきます。

 

40年のアパートでも資産価値はある

気を付けたいこととしては、築40年のアパートといえど、資産価値はゼロではないという点です。

築年数に応じてアパートの価値は落ちていきますが、築30年を超えたあたりから資産価値の下げ止まりが起こります。

そのため、築40年になったからといって資産価値がゼロになることはなく、十分にアパートの売却が可能だといえます。

また、築40年のアパートは建物の築年数だけで価格が決まるわけではありません。

周辺の施設や駅からの距離など交通状況などが加味されてきまります。

また、アパートの入居状態によってもアパート売却価格に影響がされます。

当社ではアパート売却をするにあたりしっかりとした出口戦略をもっています。

11棟アパートの状況により対策は異なりますが、リフォームするなり価格で勝負するなり新しい価値を創造するなりできることは多数あります。

オーナー様の独断で対策を打つ前にまずは当社に築40年のアパートの売却を思い切ってご相談ください。

無料でご相談は承っているので、きっと最善な道しるべをご用意できると思います。

 

お問い合わせ