アパート売却の際にあればより良し!書類と入手方法とは?

投稿者: suntrust1818 投稿日:

(チェックリスト)アパートの売却の際にあればより良し!書類と入手方法とは?

アパートを売却する場合、さまざまな書類を用意します。
書類は、不動産会社に売却を依頼するとき買主に引き渡しをするときに必要になります。

円滑にアパート売却の手続きをするためにも、前回紹介した最低限必要な書類の他に、今回はあればより良いとされる書類と書類の入手方法を紹介していきますので参考にしてみてください。

 

 

アパート売却の際にあればより良い書類と入手方法

1.ローン残高証明書

住宅ローンの残債がある場合、残債の総額を知らせるために必要な書類になります。
金融機関から毎年ローンの残高を証明する書類が送られてきます。
ローン残高証明書の代用できるのがローン返済予定表です。
ローン返済予定表にも、ローン残高が記載されています。

ローン残高証明書の入手方法
ローン残高証明書の発行については、そのローンを借りている金融機関に問い合わせましょう。
多くの金融機関では、手続き後1週間から10日程度で郵送されます。

 

 

2.耐震診断報告書

地震の多い日本では、1981年にそれまでの耐震基準から大幅な見直しが図られ、新耐震基準が導入されました。
そのため、1981年以前に建てられた建物については耐震診断報告書などの提出が求められることもあります。

耐震診断報告書の入手方法
耐震診断報告書は専門家に依頼しましょう。
また、自治体で耐震診断の支援や援助を行っている場合もあります。

 

 

3.アスベスト使用調査報告書

アスベスト(石綿)は人体に悪影響を与えることが判明したため、1989年以降の建物には使用されていないと言われています。
アスベストの使用調査報告書の提出が求められることもあります。

アスベスト使用調査報告書の入手方法
アスベスト使用調査報告書については、不動産会社などに相談してみましょう。

 

 

4.間取り図・測量図

間取り図と測量図は建物の間取りや土地の測量結果を確認するための書類です。
買主にとって、間取りやどのような造りでどの方角であるかということは大事な物件情報になりますので、間取り図・測量図で正しく伝えます。

間取り図・測量図の入手方法
間取り図と測量図は不動産購入時に受け取っていると思います。
失くしたなどで手元にない場合は登記所の窓口で取得できます。
測量図は法務局で申請できます。
インターネット上で請求し、法務局で受け取ることも可能です。

 

 

5.住宅性能評価書

住宅性能表示制度に基づいて発行されるものです。
国土交通大臣より認定された第三者機関が、住宅の性能を法律に基づいた一律の基準で表示・評価するために作られました。
客観的な評価を知ることができ、また比較することができます。
住宅性能評価書は、物件の通知表のようなものと言えるでしょう。

住宅性能評価書の入手方法
住宅性能評価・表示協会が、住宅性能評価を行うことができる評価機関を紹介しています。

 

 

6.購入時の販売パンフレット

アパートを取得したときのパンレットやチラシなどは、物件の魅力を最大限にアピールする工夫がされています。
物件の内容や取引条件などが明記されているため、売却する際の参考書類のひとつとなるでしょう。

購入時の販売パンフレットの入手方法
購入したときにパンフレットなどを保存していれば、まとめて準備するとよいでしょう。
手元にない場合は、不動産会社に問い合わせてみましょう。

 

 

アパート売却の書類チェックリスト

アパート売却の際に必要となる書類をご紹介してきました。
ここでは必要書類と使用目的をまとめましたので、ご参考ください。

身分証明書(必須)・・・本人確認のため
実印・印鑑登録証明書(必須)・・・3カ月以内のもの
登記済権利証または登記識別情報(必須)・・・売却物件の内容確認、登記の際に必要
固定資産税の納税通知書(必須)・・・固定資産税など税額の確認のため
通帳またはキャッシュカード(必須)・・・売却金の振込のため
アパートの管理規約・管理費・維持費等(必須)・・・買主が負担すべき費用を確認するため
重要事項説明書(必須)・・・物件の内容、取引条件、告知事項など契約に関して重要な事項が記載されている

ローン残高証明書(推奨)・・・アパート売却時住宅ローン残債がある場合に必要な書類
耐震診断報告書(推奨)・・・調査済みの場合は提示
アスベスト調査報告書(推奨)・・・調査済みの場合は提示
住宅性能評価書(推奨)・・・住宅の性能の評価を知ることができるため
間取り図・測量図(推奨)・・・間取りや土地の測量結果を確認するため
購入時の販売パンフレット(推奨)・・・物件の魅力をアピールできる

 

 

まとめ

今回はあればより良いとされる書類と書類の入手方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

アパート売却では、必要となる書類が多いです。
書類を探したり、役所などに問い合わせて発行を依頼したり、意外と手間がかかります。
また再発行まで時間がかかる書類もあるので注意しましょう。

売買の取引をスムーズに行うためにも、必要書類はできるだけ早めに準備するようにしましょう。
最低限の書類を集めるのはもちろん、時間に余裕があるならば、あればより良いとされる書類も集めた方が売却成功の近道になります。

 

株式会社サントラストは相続、不動産コンサルティング、アパートなど投資用不動産の改善など様々な面でお客様のお悩み解決を行っている会社です。

弊社は不動産、資産家のお客様が多くいらっしゃるのが特徴です。
また、不動産業に限らず弁護士、税理士、司法書士など様々なパートナーと共に解決していきます。
不動産、資産のプロフェッショナルとして、専門的なアドバイスができるのが当社の強みです。

もし、アパートやマンションの売却、不動産改善などお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

カテゴリー: ブログ