信頼できる不動産会社に依頼したい!不動産会社の選び方とは

投稿者: suntrust1818 投稿日:

アパート売却は、人生で何度も経験するものではありません。
誰しもが失敗したくないと思っているのではないでしょうか?

アパート売却では大きなお金が動きます。
「信頼できる不動産会社に依頼したいけどうしたらいいのか」
「悪い業者もいるのではないか…」

などさまざまな不安が出てくると思います。
そこで今回は、アパート売却の際の不動産会社の選び方について、詳しく説明していきます。
どんな不動産会社を選ぶべきか迷っている方は是非参考にしてみてください!

 

 

アパート売却の流れ

まず初めに、基本的なアパート売却の流れを知っておきましょう!
全体の流れは下記の通りです。

1.不動産会社に査定依頼
2.不動産会社を選び媒介契約の締結
3.売却活動の開始
4.契約条件の交渉
5.売買契約の締結
6.引き渡し

物件によって売れやすい・売れにくいはありますが、一般的に売却完了までおおよそ6ヶ月かかると言われています。
その売却活動をサポートしてくれるのは、不動産会社になります。

販売価格や販売スピードは選んだ不動産会社によって異なりますので、売却を成功するためには良い不動産会社を選ぶことが重要です。

 

 

良い不動産会社の選び方

①実績の確認

不動産会社といっても、「売却業」「賃貸業」「管理業」など専門にしている業務の内訳はさまざまです。

不動産売却は、専門性が高い業務なので売却を専門にしている業者に依頼することをオススメします。
売却専門の方が売却実績が多くあり、専門知識も豊富なのでよりスムーズに売却できるでしょう。

ただ、不動産売却の仲介を専門としている不動産会社でも、物件のエリアや物件種別などで得意・不得意があります。
ですので、会社のホームページなどを見て専門領域を確認してから選びましょう!

 

②信憑性のある査定内容か

不動産会社に物件の査定を依頼すると、物件の査定価格や査定価格の説明などを書面やメールなどで受け取ります。
査定価格は、売却予想価格ですので不動産会社によってバラつきがでてきます。

そこで注意したい点は、契約を取るために、非常に高い査定価格を提示してくる不動産会社も存在するということです。

査定価格が高いからといって、すぐに契約してはいけません。
査定価格の根拠をしっかり説明できるかどうか見極める必要があります。
見極めるためにはいくつかのポイントがあります。

1.他の不動産会社と比べて査定価格が高すぎないか
2.成功事例と査定依頼をした物件が似ているか
3.コメントなどが手抜きされていないか
4.ページ数が少なくないか
5.見やすくわかりやすくまとめられているか
6.流通性比率で査定価格を操作していないか

上記のポイントを参考にし、査定内容に信憑性があるか判断しましょう。

 

③「囲い込み」をしないか

「囲い込み」の説明の前に、まずは「両手仲介」の説明をします。

「両手仲介」とは、1社の不動産会社が、売主と買主の両方の仲介を行うことです。
1社で売買どちらも契約を取ると、売主・買主の両方から仲介手数料をもらえます。

「囲い込み」とは、不動産業者がその物件を囲い込んで両手仲介を狙う行為のことをいいます。

具体的に説明すると、売物件情報を隠し、他の不動産会社から高値で購入依頼があっても購入申込を断るような行為が囲い込みになります。
最初から、両手仲介狙いで囲い込まれてしまうと、売却する不動産を高く・早く売れるチャンスを逃してしまう可能性が高いです。

囲い込みをされないためにも、他の不動産会社に重ねて依頼することができる「一般媒介契約」を結ぶ事をおすすめします。

 

④サービス内容の確認

不動産会社を選ぶ際、大手不動産会社がいいのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。
しかし、中小の不動産会社も大手不動産会社と変わらない売却力を持っていることもあるため大手不動産会社に絞る必要はありません。

売却する不動産を魅力的にPRしたり、購入希望者をより多く集めるなどさまざまなサービスの提供を各不動産会社はしています。

また、売れなかった場合の保証などのサービスもあるので確認しましょう。
例として下記を参考にしてください。

1.お荷物お預かり・・・一時的に荷物を預かり、片付いた部屋で売却活動を行える。
2.プロカメラマン撮影・・・使用する写真をプロカメラマンが撮影する。
3.ホームステージング ・・・家具や小物を美しく演出して売却活動を行える。
4.設備保証・・・売却後に住宅の設備に不具合が生じた場合費用を負担してくれる。
5.24時間駆けつけサービス・・・水漏れや鍵の紛失などの「困りごと」を24時間サポートしてくれる。
6.即時買取・・・直接不動産を買い取る。
7.買取保証・・・一定期間内に売却できなかった場合、直接不動産を買い取る。
8.買取賃貸居住サービス・・・直接不動産を買い取り、売却後に賃貸としてそのまま住み続けられる。

自分の目的に合ったサービスを提供している不動産会社に依頼することで、よりスムーズに売却できるでしょう。

 

 

まとめ

アパート売却の際の不動産会社の選び方について、詳しく説明しましたがいかかでしたか?
査定依頼は1社ではなく複数社に依頼し、良い不動産会社を見つけましょう。

不動産売却に関連するお悩みや問題などをお持ちの場合は、ぜひサントラストにご相談下さい。
株式会社サントラストは相続、不動産コンサルティング、アパートなど投資用不動産の改善など様々な面でお客様のお悩み解決を行っている会社です。

弊社は不動産、資産家のお客様が多くいらっしゃるのが特徴です。
また、不動産業に限らず弁護士、税理士、司法書士など様々なパートナーと共に解決していきます。
不動産、資産のプロフェッショナルとして、専門的なアドバイスができるのが当社の強みです。

もし、アパートやマンションの売却、不動産改善などお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。
サントラストは不動産売却のお手伝いをさせて頂いておりますので、適切なサポートが可能です。
お問い合わせはこちら